冬の必需品。「ダチョウ卵黄抗体マスク」

これから冬の次期になると,風邪ひき予防や,風邪を他の人にうつさないためにも欠かせないのが,マスクですが,ダチョウとマスクが関係あるようです。。

00044497_T2.jpg99098190_T2.jpg

というのは,調べてみると,

まずは

ダチョウに,鳥インフルエンザウイルスの一部を注射しておくと,
ダチョウの体内に,抗体ができて,
繁殖時期のメスのダチョウは,卵を守るために,その抗体を卵に集めて,
抗体入りの卵が産卵されると。

で,その卵から抗体を取り出して,
不織布フィルターに浸透させて,「抗体フィルターを作り出す」
それをマスクに成型して,抗体マスクの出来上がりということだそうです。

抗体マスクドットコムにその過程が説明されていました。
抗体マスクドットコム
http://www.koutai-mask.com/process/index.html


ダチョウ抗体を製品化した,抗体マスクには,
・新型インフルエンザ
・季節性インフルエンザ
・鳥インフルエンザ
インフルエンザウイルスに対して選択的に結合するlgy抗体が100兆個以上,敷き詰められているそうです。
感染に不可欠なウイルスの表面の突起を抗体が覆ってしまうので,ウイルスからのリスクが低減されるということですね。

これからの冬の時期はこれが流行するのではないでしょうか。



だちょう卵黄の抗体から作られたダチョウ抗体マスク
■ダチョウ抗体マスクとは、だちょうにインフルエンザなどウィルスの抗原を接種して免疫をつくり、体内で生成された抗体を卵の卵黄部分から精製して作られた“だちょう抗体”を利用して作られています。

■着用者の鼻や口から病原体を含んだ飛沫が吸入されることを防止する。米国FDA (アメリカ食品衛生局)規格、細菌を含む粒子(平均粒子径3.0μm)を95%以上除去するマスク。

■抗体マスクは、文部省・科学技術振興機構(JST)の独創的シーズ展開事業・大学発ベンチャー創出推進プロジェクトの研究成果を基に、産官学連携開発により実現した商品です。 抗体マスクは、日本臨床内科医会インフルエンザ研究班よりご推薦書を受けています。

■長時間の使用が可能なため、業務上すべてのシーンでご利用いただけます。







男性用・子供用や女性用もあります。まずは試してみてはいかがでしょうか?



posted by shino at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流行りもの?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。