足の長いこたつ「ダイニングこたつ」

寒くなってくると,こたつに入りたい季節ですが,
昔ながらのこたつと違って,最近は,足の長い,「ダイニングこたつ」というものが人気があります。

たたみに座る人よりも,洋間でダイニングテーブルを利用する人が多くなってきているので,そのような生活スタイルに合わせた,こたつというわけですが,

最初気になったのは,椅子に座って,ダイニングテーブルに足を入れたら,下の方から温かい空気が漏れたりしないのだろうか?ということだったのですが,商品を見て納得。椅子に仕切り版を付けたら解決でしたね。
コタツ布団にはスリットが入っていて,横に二人座っても,やはり温かい空気が漏れにくいようになっています。

値段もお手ごろですし,夏になったら布団をはずしておけばいいので,「冬はコタツ!」という方は,洋間用のダイニングコタツで節電しながらこの冬を乗り越えましょう!













布団が無くても,温かいという
光ヒーターのダイニングコタツというのもありました。
確かに,ダイニングで床が汚れたりする時に,コタツ布団が汚れるのも気になるなと思ったのですが,この方法なら良さそうですね。
レビューなどを見てみると,すっごく寒い時には効果が薄そうですが,ダイニングのような広い部屋をコタツ以外で全く暖めないということもないかと思いますので,10度くらいまでは部屋の温度もあると思いますが,そんな時には効力を発揮するそうです。


「布団がなくても大丈夫!
輻射熱過熱方法により、
光が当たった瞬間から
温かさを感じられます!」
商品説明:
フローリング住宅やテーブルでの食事が増えた現代生活に応えた商品です。

住宅の変化で、椅子とテーブル(ダイニングセット)で食事をする家庭が増えています。
ダイニングでは椅子を使うため、高脚テーブルが使われます。

暖房設備環境にもよりますが、テーブルの食事は冬は足元が冷えるケースがあり補助暖房が必要です。
様々な暖房器具が使われる中、高脚テーブル型のコタツもその選択肢の一つです。
しかしながら、従来の高脚テーブル型コタツは、その多くが空気を暖める事により暖をとる構造で、
その暖めた空気が逃げないよう布団を使い、また暖気を撹拌するためのファンが必要です。

しかし、掛け布団を使用することから「汚れる」「ほこりっぽい」「収納に不便」
「こたつ用椅子が重く、デザインもすっきりしない」との不満も多かった。
これらの不満を解消したのが「ステルス」です。


【主な特徴】

■ステルスの発熱方法は輻射熱加熱方法(太陽熱と同じ)である為、
 光が当たった瞬間から足もとがポカポカと温かさを感じる事ができ、身体の芯から温める事が出来ます。
 布団がいりません!
 その温かさは太陽のような、大変心地よい暖かさなのが特徴です。
 テーブル、チェアの塗装やチェアカバーの布地には、耐熱処理を施し耐久性と安全を確保しています。
 布団いらずでスッキリとしたフォルムに仕上がり、
 春季や秋季の急に冷え込む日でも、スイッチを入れればすぐに暖まることができます。
  年中そのまま使えるのがうれしいです(*^-^)

■消し忘れ防止オフタイマー(3時間)が内蔵してありますので安心してお使い頂けます。

■スリムロングヒーターの採用によりヒーター表面温度が低く、足元が広く端まで輻射熱が届き暖めてくれます。
  消費電力は時間あたり7〜8円程度のエコ商品です。

■モーターがないので、騒音が無く静か。

■異常電流が流れた場合でもヒューズ内蔵プラグの採用により瞬時に電流を遮断しますので安全です。





posted by shino at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 流行りもの?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。