中学校で武道・ダンスの必修化に向けて02「フォークダンス」

平成24年度から始まる,中学校のダンスの授業について,シリーズでエントリーしていますが,
第一回:
中学校で武道・ダンスの必修化に向けて01「創作ダンス」

今回は,
「フォークダンス」を取り上げたいと思います。

文部科学省の新学習指導要領
中学校保険体育【ダンス指導のためのリーフレット】
では,
フォークダンスの【技能】について,
●踊り方の特徴をとらえる
●音楽に合わせて特徴的なステップや動きと組み方で踊る
【指導のポイント】として,
●風土や風習,歴史などの踊りの由来を理解する
●はじめは踊り方を大づかみに覚えて踊り,次は難しいステップや動き方を取り出して踊る
とありました。
ある年代の方々は「フォークダンス」といえば,運動会の定番で,異性と手を繋ぐことにドキドキしたり,逆に「いやーーー」と思ったかもしれませんね。

フォークダンスと言っても,いろんな音楽が用いられているので,その選択も必要になってきますね。
ざっと,調べてみたところでも有名どころで「オクラホマ・ミキサー」とか,「マイム・マイム」「コロブチカ」「ジェンカ」という感じでしょうか。

動画は探せば運動会の時のものや発表会などたくさん見つかります。





音楽や書籍,DVDもたくさんあります。






【送料無料】中学校ダンス指導のコツ

【送料無料】中学校ダンス指導のコツ
価格:2,520円(税込、送料別)



靴や服装はこちらから

【送料無料】フォークダンス スカート

【送料無料】フォークダンス スカート
価格:7,140円(税込、送料込)






posted by shino at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード検証
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/262012287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。